決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 所得税についての情報 > 所得税の計算(2)

所得税の計算(2)

前回のコラム:所得税の計算1
 

前回は、所得税の計算の流れのご紹介にあたって、確定申告書の用紙を載せてみました。
この用紙の項目が並んでいる順番のとおりに計算も進めて行くことになります。

といっても、前回ご紹介したのは1枚目だけなので、すべての計算をこの用紙でするというわけではありません。
こんな流れで計算するんだな~とイメージしていただければと思います。
※分かりやすくするために、総合課税のみご紹介します

具体的な計算の流れは、
1)収入金額等
2)所得金額
3)所得から差し引かれる金額
4)税金の計算…etc.

となります。

まずは「収入金額等」ですね。次が「所得金額」です。この二つはセットでいきましょう。
以前のコラムでご紹介したとおり、所得税の話になると混同しやすいのが「収入」と「所得」です。

例えば個人で事業をされている方なら、売上げが「収入」にあたります。
そこから仕入などの必要経費を差し引いた金額が「所得」ということになります。

会社員の方の場合は、給与や賞与などの金額が「収入」にあたりますが、ほとんどの方の手取額は社会保険料や源泉所得税が引かれた金額ですよね。
「収入」は、社会保険料等が引かれる前の金額を言います。

そしてその「収入」から、事業をされている方が必要経費を引けるのと同じように一定の金額を差し引いて「所得」を計算するのですが、この計算がとてもややこしいので、専用の表が用意されています。
この表に「収入」を当てはめると、「所得」を確認することができます。

このように、まずは「収入」の金額を計算して、それから「所得」の金額を計算します。
その後、「所得から差し引かれる金額」の計算をします。
長くなりましたので、続きは次回のコラムです。

ここ数年、ふるさと納税がとても人気ですね。
ふるさと納税をする際、年間5団体までなら、所定の申請書等を寄附した自治体へ提出することで確定申告が不要になります。
これを「ふるさと納税ワンストップ特例」といいます。
もちろん手続きに料金はかかりません。

ふるさと納税が5団体を超える場合や、ふるさと納税の有無にかかわらず医療費控除などを受けたい場合は確定申告が必要になります。
ご自身の確定申告でお困りの方は、一度税理士にご相談ください!

関連記事:
所得税の計算1
所得税の計算2
所得税の計算3

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所

メールでのご相談24時間受付中
  • 元銀行員の税理士曽我部聡のブログ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所概要

対応地域一覧

流れ

  • 決算についての情報

  • 法人税についての情報

  • その他の税金についての情報

  • 銀行融資についての情報

  • 消費税についての情報

  • 所得税についての情報

  • その他