決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 所得税についての情報 > 所得控除(2)

所得控除(2)

前回のコラム:所得控除1(社会保険料控除)
 

前回は、たくさんある「所得控除」の中のひとつ、「社会保険料控除」をご紹介しました。社会保険料は、健康保険料や厚生年金保険料、国民健康保険料、国民年金保険料などのことを言います。
会社員の方がお給料から差し引かれている社会保険料等が該当しますね。
また自分の社会保険料のほかに、「生計を一にする」家族の分も支払っている場合は、これも含めることができるんでした。

“生計を一にする”家族のうち、収入が少ない家族がいる場合は、所得からいくらか差し引けることになっています。
これを「扶養控除」といいます。

家族が「扶養控除」の対象となるかどうかにはいくつかの条件があります。条件をクリアした家族のことを「扶養親族」と呼びます。

その条件のひとつが、先ほどの「生計を一にする」です。

それから、家族といっても配偶者以外の親族等ということになっています。
「配偶者は扶養親族じゃないの?!」と、ちょっと驚きますよね。これは、「配偶者控除」といった別な決まりがあるからなんですね。こちらは改めてご紹介します!

この他には、所得に関する条件があります。
「合計所得金額が38万円以下であること」という決まりです。

“子どもがアルバイトで103万円以上稼ぐとまずい”…なんて話を聞いたことがあるでしょうか?!
この話はまさにこの”所得38万円以下の条件”のことを言っていて、実は年間に103万円以上アルバイト収入があると、扶養親族に該当しないことになってしまいます。

以前ご紹介したように、会社員や会社役員の給料やボーナス、それからアルバイトやパートの給料は「給与所得」に該当します。
そして、自営業なら決算で仕入れや電気料金などいろんな経費を差し引けるように、給与からも一定の金額(給与所得控除額)を差し引きすることになっています。
そのため「給与所得」は、1年間の収入金額を専用の表に当てはめて見つけた「給与所得控除の金額」のことを言うんでしたね。

この専用の表では、収入金額が162万円くらいまでは一律に65万円を差し引くということになっています。給与所得控除額は、最低でも65万円ということですね。
すると、65万円+38万円=103万円なので、
収入が103万円以下なら、所得が38万円以下になるということです!
※アルバイト以外に収入があればそれも合わせることになります。

簡単に言うと、これらの条件をクリアしていれば「扶養親族」と言えることになります。
※他にも細かい条件があります。

そして、この「扶養親族」に該当したご家族がいれば、一定の金額を差し引きすることができるのですが、年齢等の条件で控除できる金額が変わってくるんです。
詳しくは次回ご紹介します!

いかがでしたか?この辺りで、”収入”と”所得”を混同してしまいそうですね。
“収入”は、入ってきたお金の全額です。お給料の場合、社会保険料や源泉所得税などを控除されて手元に入ってくるとしても、それらの控除をされる前の金額を言います。
“所得”は、”収入”から”必要経費”を差し引いた後の金額でしたね。必要経費は所得の種類によって違いますが、「給与所得」の場合は”給与所得控除額”がこれにあたります。
もっと詳しく知りたい方は、ぜひ一度税理士にご相談ください!

関連記事:
所得控除3(扶養控除2)

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所