決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 決算についての情報 > 決算対策としての「在庫」(1)

決算対策としての「在庫」(1)

 

さて、今回は「在庫」のお話です。

毎年2月、3月になると「決算セール」をよく見かけますよね。

なぜ決算前にセールが多いのかというと、ひとつは、

「売れ残った商品は、経費にならないから」なんです。

 

以前のコラムで、在庫の棚卸しについてご紹介しました。

棚卸しをしなければいけない理由のひとつは、

「会社が1年間でどれだけ儲かったか(または損したか)」を

正しく計算するためなんですね。

 

例えば、次のような場合、利益又は損失はいくらになるでしょう?

・仕入れ 200万円

・売上げ 150万円

・期末在庫 100万円

分かりやすいように期首棚卸はなかった場合を考えます。

 

この場合、「売上げ150万円-仕入れ200万円」で、

「50万円の損失」・・・とはしないんですね。

まずは期末在庫を考慮して売上原価を計算します。

「仕入れ200万円-在庫100万円=売上原価100万円」

それから「売上げ150万円-売上原価100万円」で、

正解は、「利益は50万円」ということになります。

 

会社の1年間の利益又は損失を正しく計算するためには、

仕入れ等の金額から在庫棚卸の金額をマイナスして、

>当期に実際に売れた分の金額、「売上原価」を計算します。

実際に売れた分の金額だけが当期の経費になる、

つまり売れ残りは経費にはならないということになります。

 

なんで実際に売れた分だけなんだろうな~?と思った方は、

ちょっとこんな例を考えてみてください。

M社は1期目に200万円の機械を2台仕入れ、

そのうちの1台を150万円で販売しました。

2期目は残りの1台を150万円で販売しただけで、

まったく仕入れを行っていません。

<1期目> 仕入れ 200万円、売上げ 150万円

<2期目> 仕入れ   0円、売上げ 150万円

 

もしもこれを単純に差し引きしてしまうと、

<1期目> 損失 50万円  <2期目> 利益 150万円

となってしまいますが、この機械は1台100万円で仕入れ、

150万円で販売しているので、1台あたりの利益は50万円ですよね。

それなのに2期目に150万円の利益となると、おかしいですよね。

 

この場合も在庫棚卸を考慮して、

<1期目> 利益 50万円  <2期目> 利益 50万円

となります。

このようにちょっと極端な例で考えてみると、実際に売れた分だけが

経費になる理由が、少しは分かりやすくなったでしょうか。

 

さて、「決算セール」の話に戻ります。

当期に売れ残っても、翌期に「そのままの金額で売れる場合」は、

そんなに問題はありません。翌期に売ればすぐ経費にできるからです。

しかし、季節商品や流行に合わせた商品などが売れ残ると、

そのままの金額では売れなくなってしまうことが多いですよね。

 

売れ残りをそのまま在庫として持っておくと、なかなか経費にできず、

さらに保管や維持するための料金がかかってしまい、

う~ん・・・、いいことがありません。

というわけで、値段を少し下げてでも売ってしまおうというのが

「決算セール」の実態なんですね。

 

期末に残った在庫の金額はどうやって決めるの?

という評価方法については、次回ご紹介します。

 

 

 

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所