決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 決算についての情報 > 決算対策としての「固定資産」(3)

決算対策としての「固定資産」(3)

 

前回のコラムでは、設備投資をする場合に、

すぐに経費にできるものについてご紹介しました。

減価償却をする必要のない「10万円未満のもの」

それから、青色申告をしている場合なら、

「10万円以上30万円未満のもの」

購入して使用してすぐに経費にできるんでしたね。

 

今回は、30万円以上のものを購入する時に

なるべく経費を多くする方法をご紹介します。

それは、中古品を購入することなんです。

 

減価償却では、その使える年数にわたって

少しずつ経費を計上していくんでしたね。

その使える年数のことを「耐用年数」といい、

これは法律できちんと決められています。

(これを「法定耐用年数」といいます)

 

この耐用年数ですが、中古品の場合は、

法定耐用年数と経過年数を使って、

(法定耐用年数-経過年数)+経過年数×0.2

という計算式に当てはめて計算します。

すでに法定耐用年数を経過している場合には、

法定耐用年数×0.2

という式を使います。

 

例えば、普通自動車で考えてみましょう。

新車で購入した場合は、法定耐用年数は6年です。

もしも4年落ちの中古車の場合だと、

法定耐用年数はまだ経過していないので、

(6年-4年)+4年×0.2=2.8年

となりますね。

基本的には端数切捨てなので、この場合は「2年」となります。

ただし、例外として「最低でも2年」と決められているので、

例えば5年落ちの中古車の場合は、

(6年-5年)+5年×0.2=1.2年

「1年」としたいところですが、この場合も「2年」となるんですね。

 

耐用年数が6年と2年では、だいぶ違いますよね。

もちろん中古で代用可能な場合に限られてしまいますが、

これも覚えておくと役立つことがあるかもしれません。

 

ここで一つ注意しないといけないことがあります。

決算の間際になって購入した場合は、

効果がかなり薄くなってしまうんです。

長くなりましたので、その詳細は次回ご紹介します。

 

高額なものを購入する時は、税金への影響も

考えておきたいところですよね。

そんなときはやはり、税金の専門家である

税理士に話を聞いてみると良いでしょう。

特に、料金を支払って顧問契約をされている場合は

決算の時だけでなく、どんどん税理士に相談しましょう!!

 

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所