決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 決算についての情報 > 決算・税務申告の期限

決算・税務申告の期限

会社の決算を税務署へ申告する期限は、会社で定めた決算日(通常年1回)から

2ヶ月以内になります。例えば、3月31日が決算日の会社であれば、税務署への

提出期限は5月31日(土・日・祝日の場合は次の平日まで延びる)となります。

(※申請が承認されれば、期限が延長される特例もあります)

 

うちの会社の決算日って何月何日だっけ!?という場合は、

会社の「定款(ていかん)」という書類を調べればわかります。

定款とは、それぞれの会社の決まり・約束事を書いた書類で、

会社を設立した時に必ず作成しています。

(司法書士さんや行政書士さんに料金を払って

手続きをしてもらうことが多いですね。)

 

定款の中に、次のような記載があるはずです。


  【事業年度
  第〇〇条 当会社の事業年度は、毎年10月1日から翌年9月30日とする。

 

上記であれば、この会社の決算日は9月30日で税務申告の期限は11月30日になりますね。

 

定款は会社で保管していることと思いますが、もし見つからない場合は、

設立の手続きをお願いした司法書士さん・行政書士さんに確認すればOKです。

また、設立後に税務署へ「設立届」を提出した場合には、そこにも決算日の記載が

あるはずなので控えを確認してみましょう。

 

もし、2ヶ月の期限を過ぎてしまったらどうなるのでしょうか!?

税務署に指摘された場合、納付すべき税額に対して15~20%の加算税が課せられます

税務署から指摘される前に期限後申告をすると加算税率を抑えることもできますので

もうすでに期限を過ぎてしまっている!!という場合でも、税務調査に入られる前に

期限後申告をすることを強くオススメします。お早めに当事務所までご相談ください。

スピード対応致します。

 

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所

メールでのご相談24時間受付中
  • 元銀行員の税理士曽我部聡のブログ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所概要

対応地域一覧

流れ

  • 決算についての情報

  • 法人税についての情報

  • その他の税金についての情報

  • 銀行融資についての情報

  • 消費税についての情報

  • 所得税についての情報

  • その他