決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 決算についての情報 > 決算と減価償却(5)

決算と減価償却(5)



もう少し続きます。前回同様、減価償却(げんかしょうきゃく)についてですね。

前回は、「10万円未満のもの」は、長期間使えるものであっても

購入して使った時点で全額経費にしてOK、とお話しました。

(※わかりやすいように「定額法」で説明します)

 

今日はもう少し高いもの。「10万円以上20万円未満」なら?

ということについてお話します。

 

ちなみに、「10万円以上20万円未満」かどうかは、会社が適用している

消費税の経理処理方式によって異なります。

税抜経理の場合は税抜価格で、

税込経理の場合は税込価格で判断します。

 

この「10万円以上20万円未満」のものは

「一括償却資産(いっかつしょうきゃくしさん)」と呼ばれ、

資産の種類、耐用年数に関わらず、「3年間で均等額を経費にできる」

という決まりがあります。どういうことでしょうか??

 

例えば、仕事用に12万円のパソコンを購入したとしましょう。

通常ならパソコンは耐用年数が4年間なので、1年間で経費になるのは

3万円ですね。しかし、「一括償却資産」ということで3年間でOK

1年間で経費になるのは4万円となります。少し増えましたね。。。

 

なお、この「一括償却資産」という扱いを受けるかどうかは

選択制なので、別にさきほどの12万円のパソコンを普通に4年間で

3万円ずつ減価償却しても構いません。あまり得はありませんけどね。

 

なんてことをお話してきましたが、実はさらにややこしいことに

3年間で償却するまでもなく、「30万円未満」だったら購入時に

全額経費にできるという方法もあります。

 

次回はそれについてお話しますね。

 

毎月料金を支払っているリース契約でも決算で減価償却が必要な場合があるなど、

減価償却は慣れないと理解しづらい項目です。

分からないことがあれば、税理士にお気軽にお尋ねください!!

 

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所

メールでのご相談24時間受付中
  • 元銀行員の税理士曽我部聡のブログ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所概要

対応地域一覧

流れ

  • 決算についての情報

  • 法人税についての情報

  • その他の税金についての情報

  • 銀行融資についての情報

  • 消費税についての情報

  • 所得税についての情報

  • その他