決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 決算についての情報 > 収益、費用計上のタイミング(4)

収益、費用計上のタイミング(4)

 

前回のコラムでは、「前払費用」についてご紹介しました。

「前払費用」は決算の時に支払いは済んでいるけど、

まだサービスを受けていないもののことで、

原則としては、サービスを受けたときに「費用」にするんでしたね。

今回は、「未払費用」をみてみましょう。

 

「未払費用」は、すでにサービスの提供を受けたもののうち、

決算の時に支払いがまだのもののことをいいます。

一般的には従業員の給料や電気料金等があてはまりますね。

例えば、”月末締め翌月20日払い”で給料を支払う会社だと、

5/1~31の給料は6/20に支払いますね。

これが5月末決算の会社だと、「未払費用」ということになります。

「未払費用」も原則としてサービスを受けたときに「費用」に計上するので、

「前払費用」とは逆に、5月の「費用」として計上することができます。

(ここでは原則的なお話を紹介しています)

 

さて、今回も少し脱線して、簿記のお話です。

「未払費用」も簿記の勘定科目として出てきます。

前回ご紹介した「前払費用」は【資産の勘定科目】でしたね。

「未払費用」は【負債の勘定科目】です。これも紛らわしいですね。

将来支払いをしなければいけない義務、といったイメージです。

先ほどの給料の会計処理はどうするのかというと、

5月末に「未払費用」という【負債の勘定科目】を計上しておき、

6/20に「未払費用」を「給料手当」等の【費用の勘定科目】に振り替えます。

「未払費用」も、こうして適正なタイミングで費用に計上できるんですね。

 

原則として「販管費」は支払ったときではなく

サービスを受けたときに「費用」に計上する、というのは

前回ご紹介した「前払費用」と同様に

「未払費用」にもあてはまるんですね。

 

決算の時に、利益が出そうだからといって、翌期の分の支払いを前倒しても

経費には入れられませんよ、というお話をしましたが、

今期の分でまだ支払っていないものなら、費用に計上してもOKです。

 

売上、売上原価、販管費の計上のタイミングについて

4回にわたってご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ここでは原則的なお話を紹介していますので、

詳細は税理士におたずねください!

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所

メールでのご相談24時間受付中
  • 元銀行員の税理士曽我部聡のブログ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所概要

対応地域一覧

流れ

  • 決算についての情報

  • 法人税についての情報

  • その他の税金についての情報

  • 銀行融資についての情報

  • 消費税についての情報

  • 所得税についての情報

  • その他