決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 銀行融資についての情報 > 銀行員はなぜ他行の動きを気にするのか?

銀行員はなぜ他行の動きを気にするのか?

さて、今回のテーマは「銀行員はなぜ他行の動きを気にするのか?」です。

複数の銀行から融資を受けている企業であればご存じだと思いますが、
銀行に融資を申し込んだ際や決算書類を提出した際に
「銀行別の融資残高・預金残高を教えてください」とか、
「最近A銀行さんから融資を受けたのはいつですか?」とか
聞かれることがよくあります。

なんでこんなことを聞いてくるのでしょうか?審査に影響するのでしょうか?
理由は主に2つ考えられます。

1つ目の理由は、「融資シェア」の問題です。
会社からみて一番融資の多い銀行(シェアが高い)を「メイン銀行」といいますが、
銀行側からみると、「メイン銀行」になることはメリット・デメリットがあります。

まずメリットとしては、融資金額が大きくなれば当然、貸出の利息が増えます。
また、「融資が多いから」という理由で会社の売掛入金・買掛支払・給与振込等を
自分の銀行でやってもらうことにして貰ったり。
これは手数料もそうですが、会社の実態を把握するうえで非常に重要です。
その他、社長や家族の個人預金を預けてもらうようお願いしたりといったことです。 


デメリットとしては、その会社に対する「責任」が増すことが挙げられます。
例えばその会社の業績が悪くなってきたときには、やはり融資の一番多い
「メイン銀行」に対して最初に相談がきます。
「赤字決算だけど何とか融資してほしい」とか、「返済を少し待って欲しい」など。
要は、「うちの銀行がなんとかしないとこの会社が危ない」という状況に
なってしまうのです。
メイン銀行で融資が多ければ倒産した際のロス(融資の取りっぱぐれ)も
多額になるでしょうし、そう簡単に見捨てることはできません。

このように、いくら「今、業績がいい会社」でも安易に「メイン銀行」に
なることは避けたいところ。なので、他行の融資姿勢を把握したいのです。


2つ目の理由は、「条件交渉」のためです。
銀行は会社から「決算書」を預かりますが、それだけでは他行から
どのような条件で融資を受けているのか、はっきりとはわかりません。
世間話的に他行の話を聞き出し、条件を少しでも把握したいのです。

状況がわかれば、「うちも他行さん並の金利にさせてくださいよ」とか
「うちにも少しぐらいは預金をおいてくださいよ」といった交渉ができます。
逆に、融資を売り込みたい会社、ということであれば他行より少し
低い金利で、ということも考えられます。

逆に会社側から言うと、あんまり正確に教えるのはどうかな?
ということになりますかね。。。

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所

メールでのご相談24時間受付中
  • 元銀行員の税理士曽我部聡のブログ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所概要

対応地域一覧

流れ

  • 決算についての情報

  • 法人税についての情報

  • その他の税金についての情報

  • 銀行融資についての情報

  • 消費税についての情報

  • 所得税についての情報

  • その他