決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 銀行融資についての情報 > 銀行員が気にする「資金使途」とは?

銀行員が気にする「資金使途」とは?

さて、今回のテーマは「銀行が気にする『資金使途』とは?」です。

「資金使途」とは、普段はあまりなじみのない言葉だと思いますが、
資金→お金、使途→使いみち、のことです。聞いてみると簡単ですね。
銀行内部ではよく使う用語の一つです。

この「資金使途」、銀行員が融資の稟議書(りんぎしょ)を書く際には
必ず書かなければいけません。要は、貸したお金が何に使われるのか?
をちゃんとわかったうえでないと融資はできませんよ、ということです。

で、「資金使途」は大きく2つに分けることができます。
「設備資金」と「運転資金」です。これは結構一般的な用語ですね。

「設備資金」とは、大雑把な言い方をすると何かを買うための資金です。
例えば工場で使う機械、営業車、自社ビルなど。
また、事務所・店舗を借りる為の資金なども含まれます。

この「設備資金」は使いみち・必要金額がはっきりしているので、
銀行員としては稟議書が書きやすい、と言うことができます。
あとは、その投資が妥当なのか・ちゃんと返済していけそうなのかを
判断するだけですからね。

逆に、会社側としては銀行に提出する書類は多くなります。
機械や車だったら見積書が必要ですし、事務所・店舗を借りる
お金だったら不動産屋の書類・仮契約書など。
融資が出た後も、ちゃんと「資金使途」通りに使ったかどうかを
確認するために領収証や振込の控えを要求され、
場合によっては実際に見に来たりすることも・・・。

特に、公的融資(保証協会がらみ)で、特別な制度を
使っていたりすると非常にうるさいです。
「特定の設備資金」限定で金利が低かったり、
返済期間が長くとられていたりといったものだと、
目的外に使用すると「契約違反→即、全額返済」と
いう話になってしまうこともありますので、銀行員も気を使います。
そんなことがあっては「管理不足」ということで
銀行員も責任を問われて人事評価が下がりますしね。。。


一方の「運転資金」。こちらは、借りる側としては、
比較的自由に使える資金、ということになります。
仕入の決済や、給料の支払、借入金の返済など
様々な出費に充てますが、別に領収証などの
提出を求められたりはしませんからね。

でも、銀行員が稟議書を書く際には・・・
金額の根拠、会社決算の評価、返してもらえるという根拠、
色々書かないといけないのでこちらの方が面倒。
書くのが上手い人、下手な人でだいぶ差が出ます。

自分の会社の担当者が新人行員である場合など・・・
任せておいては上手く稟議を通してくれないかもしれませんね。
こちらから情報や資料を提供してあげる必要があります。

少々長くなりましたので、「運転資金」については
次回に詳しくお話することにしましょう!

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所

大阪の税理士 曽我部会計事務所

メールでのご相談24時間受付中
  • 元銀行員の税理士曽我部聡のブログ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所概要

対応地域一覧

流れ

  • 決算についての情報

  • 法人税についての情報

  • その他の税金についての情報

  • 銀行融資についての情報

  • 消費税についての情報

  • 所得税についての情報

  • その他