決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 銀行融資についての情報 > 銀行借入には4種類ある!!

銀行借入には4種類ある!!

さて、今回のテーマは「銀行借入には4種類ある!」です。

 

ひとくちに銀行から融資を受ける、といっても様々な形があります。

それぞれの特徴を知り、自社に合ったものを利用することが

できればいいですよね。では、さっそく順に見ていきましょう。

 

(1)証書貸付

証書貸付とは、様々な融資条件(金額、返済条件、金利等)を

記載した「金銭消費貸借契約証書」という契約書にハンコを押して

融資を受けるものです。通常は1年を超える期間の融資に使われ、

毎月分割で返済するのが一般的です。

 

具体的な融資金の使いみちとしては、機械などの購入資金、

新規出店費用などのいわゆる「設備資金」のほか、

特に使いみちを限定せずに貸し出す、「長期運転資金」も

この「証書貸付」が使われます。

 

創業時によく利用する公庫や保証協会も、ほとんどが

この「証書貸付」になります。

 

(2)手形貸付

手形貸付とは、借り入れる側(会社)が、契約書の代わりに

「約束手形」を振り出して 資金を借りるものです。

「約束手形」といっても、会社が普段から使っているものではなく、

銀行が用意する「借入専用の手形用紙」にハンコを押す形で

借入をします。

 

手形貸付は基本的には期間1年未満の借入にのみ利用されます。

「約束手形」には支払期日・金額といった条件が記載されており、

期日に支払(返済)をしないといけないという法的拘束力もあります。

 

証書貸付に比べて貼る「収入印紙」が安く済みますので、

1年未満の貸出については手形で代用してもいいだろう、

ぐらいの感覚でしょうか。

 

銀行に渡す手形は1枚だけですが、期日に一括返済という

パターンだけでなく、毎月分割返済なども普通に行われています。

 

具体的な使いみちとしては、賞与支給資金(6ヶ月返済)や

季節仕入資金(冬物衣料を大量に仕入れて販売し、返済など)があります。
(3)手形割引

手形割引とは、企業が商売で受け取った手形を支払期日前に

現金化したい場合、銀行に買い取ってもらう方法です。

支払期日までの日数に応じて計算した利息相当分

(割引料といいます)を差し引いて買い取られますので、

その期間銀行からお金を借りたのと同じ効果があります。

 

手形割引では、手形の銘柄(誰が振り出した手形か)が大事に

なりますので、割引して欲しい会社(手形を受け取った会社)が

決算(業績)が悪く、信用が無くても銘柄が良ければ借入がしやすい、

というメリットがあります。

 

ただし、銀行との契約上、もし割引してもらった手形が

決済されない(不渡り)場合には、割引してもらった会社が

買い戻す(割引時に借りたお金を返す)ことになりますので、

注意が必要です。
(4)当座貸越

当座貸越とは、最初に契約書を作成して融資限度額・利率等を

設定し、その決められた限度額内で自由に融資を受けたり、

返済できる方法をいいます。

 

証書貸付や手形貸付だと毎月いくらずつ返済するとか決まっていますが、

当座貸越の場合はそれがありません。

会社側が自由に利用できる契約なので、銀行としては利息収入も

読みにくく、もし業績が悪化した際の回収(返してもらう)も

やりにくいというデメリットがあるため、できるだけしなくない

貸出形式というのが正直なところです。

主に、大規模で業績がいい会社への売り込み(新規開拓など)に使われます。
いかがですか?次回以降では、それぞれについて効果的な使い方など、

もっと掘り下げたお話をしていきたいと思います。

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所