決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 銀行融資についての情報 > 銀行ってなんで3時に閉めるの?

銀行ってなんで3時に閉めるの?





さて、今回のテーマは「銀行ってなんで3時に閉めるの?」です。

最近は一部の銀行では5時まで窓口営業しているところもありますが

ほとんどの銀行は3時までで閉店です。

 

3時ギリギリまで銀行にいたことのある方はご存じだと思いますが

5分ぐらい前からロビー係のおじさんがキョロキョロし始め、

3時ピッタリにシャッターを下ろします。

 

まだ中で待っているお客さんがいようが知ったこっちゃありません。

まずは新しいお客さんが入ってこれないようにし、すでに中にいた

お客さんはシャッター横の通用口か非常口から頭をかがめて

ご退出願います。

 

仕事帰りに寄りたいのに・・・休日は空いてないし・・・という

ご不満も多い中で3時に閉め続けるのはなぜでしょうか?

 

理由 1・・・法律の定め

実は、銀行法施行規則の第16条に定めがあります。

「銀行の営業時間は、午前九時から午後三時までとする」と。

ただし、第16条2項に「営業の都合により延長することができる」

ともありますので、どちらかというと「3時までは開けないといけない」

という意味ですね。

 

理由 2・・・システムの都合

これは主に振込のケースを想像してもらうとわかりやすいですかね。

他の銀行への振込の場合、自分のとこだけのシステムでは完結せず、

「全銀ネット」という国内の金融機関を網羅したシステムを通じて

資金の移動が行われます。

このシステムが当日分は3時20分でストップしますので、

3時以降に持ってこられても当日間に合わない可能性があります。

ただし、これも預かって翌日処理にするとかやれば

いいことなので3時に閉める理由として弱いですよね。

 

理由 3・・・3時に閉めないと仕事が5時に終わらないから

これが本当の理由です。
お客さんの利便性と行員残業のコストを比べたら3時以降に

開けるメリットが少ない、というところでしょう。

銀行ではシャッターを閉めた後、現金・小切手・手形のほか、

税金や国民年金などの公金、公共料金などを金額・枚数とも

きっちり合わせます。

1円でも合わなければ原因を探し、合うまでは帰れません

私も「5円足りない!」というのを全員で床を這いつくばって

探した経験があります。

よその銀行ですが10円足りないのを黙って自分の財布から

補填したところ、後から10円が出てきてよけい大問題になった、

という笑えない話も聞いたことがあります。

 

そのぐらいの金額で・・・探している間の人件費が無駄じゃないか

という声が聞こえてきそうですが銀行としては「合わなくてもいい」

「少額なら怒られない」という雰囲気を絶対に作ってはいけないので

そうしているのです。

なぜなら銀行員は不正をしようと思えばできてしまう仕事です。

例えば窓口へ税金の納付10万円を持ってきた方がいたとします。

10万円受け取り、領収証にハンを押して渡し、10万円を懐に

入れればだいぶ後にならないと発覚しません。

だから、大手銀行の窓口担当者は後ろにいる行員に

「お願いしまーす」と言って渡すでしょう?

「こっちは急いでんだから自分でやれよ」と思うかも

しれませんがあれも不正防止です。

1人では完結できないようにシステム化しているのです。

それでも、2人で組めばたいていの悪いことはできてしまいます。

したがって普段から1円たりともごまかせない、不正はできない、

許されないということを徹底して教育しないといけないのですね。

確かに以前に比べれば窓口へ来店する方は減っていますが

行員も減っていますし、投信・保険など他業務も増えています。

シャッター閉まってからも忙しいのは相変わらずのようです。

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所

メールでのご相談24時間受付中
  • 元銀行員の税理士曽我部聡のブログ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所概要

対応地域一覧

流れ

  • 決算についての情報

  • 法人税についての情報

  • その他の税金についての情報

  • 銀行融資についての情報

  • 消費税についての情報

  • 所得税についての情報

  • その他