決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 銀行融資についての情報 > 銀行が行う「企業の格付け」とは?(2)

銀行が行う「企業の格付け」とは?(2)

さて、今回のテーマは前回の続き。

「銀行が行う企業の格付けとは?パート2」です。

(前回はこちら)

 

今回は、銀行が行う格付けの中で、かなり重要な部分である

「自己資本(純資産とも言います)」についてお話します。

 

自己資本とは、わかりやすく言うと株主が出資した金額

プラス会社がこれまで儲けた金額です。

例えば、資本金が500万円でスタートした会社が

1期目で100万円儲けたら自己資本は600万円になりますね

(この場合の「儲け」は税金を払った後の儲けです)。

 

逆に、1期目に100万円損したら、自己資本は

400万円に減る、ということです。

 

一方、銀行などから借りてきたり、預かったり、

まだ支払っていない(買掛金など)金額を、

負債(「他人資本」という呼び方をすることもあります)と言います。

 

ではなぜ、格付けにおいて自己資本が重視されるのでしょうか?

それは、自己資本が多ければ(比率が高ければ)

倒産する可能性が低いからです。

 

「会社が倒産する」とは、約束の支払ができなくなって

商売がストップしてしまうことです。

「負債が多い」=「支払わないといけないものが多い」

ということですから、将来倒産する可能性は高いですよね。

 

反対に、自己資本(純資産)は株主からの出資と

これまで会社が儲けたものですから、誰かに返したり

支払ったりする必要は基本的にありません。

これが多いということは、倒産する可能性が低いと言えますよね。

 

したがって、銀行は自己資本(純資産)を重視します。

実際には自己資本と負債の割合(自己資本比率と言います)が

高いか低いかで、格付けがかなり変わってきます。

高い方が借りやすく、低い方が借りにくいということです。

 

自己資本比率の計算式は、 自己資本/(自己資本+負債)です。

例をあげると、自己資本が1000万円・負債が4000万円の

会社だと自己資本比率は20%です。

中小企業ではまずまずといったところでしょうか。

 

ところが、銀行は自己資本比率の算定にあたって、

独自の修正を加えます。

「会社の資産のなかに不良債権や価値の無いものが

あれば自己資本を減らす」という作業です。

「実質自己資本」という考え方ですね。

どんなものかと言いますと・・・

 

 

☆文字通りの不良債権(回収できない売掛金)

☆役員・関係会社への貸付金(長期間返済がない)

☆価値の下がった有価証券等

(100万円で買ったけど今の価値は50万円、など)

 

こういったものが決算書の貸借対照表にあると、

自己資本が減額されてしまいます。さきほどの会社でいうと

自己資本は1000万円あって自己資本比率が20%でも

役員への貸付500万円がずっと残っていたりすると

「実質自己資本」は500万円だから「実質自己資本比率」は10%!

となってしまいます。かなり格下げになりますよ。。。

 

また、こういう怪しい資産が多い会社だと、差し引いたら

自己資本がマイナスになってしまう場合もあります。

そうなると「実質的には債務超過」ということで

融資が全く出なくなってしまう可能性もあります。

(このあたりの話はまた次回以降のコラムでお話しますが)

 

そうならないためには、決算日の前にこういった資産を片付ける

(決算書に載らないようにする)必要があります。

 

貸付金であれば決算の日だけは返してもらってゼロにする、

または一部だけでも返してもらって「焦げ付き」ではないとアピールする。

税理士さん任せで、しかも決算日を過ぎてから決算の作業に入るようだと

こういった問題に対処できなくなってしまいますよ。

 

「決算書」は、対銀行という意味では、会社の「顔」みたいなものです。

しかも、その「顔」は1年間、つまり次の決算まで変えることができません。

もちろん、違法な粉飾決算をするというのは問題ですが、

ある程度「見栄え」がする決算書にすることはとても大事ですよ!!

 

 

新大阪の税理士 曽我部会計事務所

大阪の税理士 曽我部会計事務所

メールでのご相談24時間受付中
  • 元銀行員の税理士曽我部聡のブログ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所概要

対応地域一覧

流れ

  • 決算についての情報

  • 法人税についての情報

  • その他の税金についての情報

  • 銀行融資についての情報

  • 消費税についての情報

  • 所得税についての情報

  • その他