決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > 銀行融資についての情報 > 融資審査ってどうやって行われているの?

融資審査ってどうやって行われているの?





銀行に新規で融資を申し込んだことがある方はご存知だと思いますが、

「審査」というものに早くても2週間、長ければ1ヶ月以上かかる、と言われます。

え?そんなにかかるの?と思っても、「過去のご決算と今期の状況、

それから今後の展望等さまざまな角度から審査しますので

それぐらいのお時間はいただかないと・・・・」と言って聞きません。

しかたない、待つかといった感じで引き下がるしかありません。

 

でも、実際には2週間~1ヶ月も書類を検討して結論を出しているなんてことはありません。

融資担当者は多忙です。1件にそんな時間を掛けていたら

厳しいノルマを達成することはできません。

優秀な担当者であれば面談の最中に「これは融資できそうだ」あるいは

「これはとても無理そうだ」と結論を出しています。

 

それならその場で言ってくれればいいのに!と言いたいところですが、

銀行というところはお堅いところです。

決定権はあくまで支店長又は本店にありますので、担当者が勝手に決めることはできません。

したがって担当者は「本件採り上げとしたい(融資したい)」あるいは

「本件は謝絶としたい(融資しない)」という稟議書(りんぎしょ)を書きます。

これが担当者から課長・次長・支店長と回覧されていくのですが、

その過程で担当者は色々と質問を受けるわけです。

「他行の姿勢はどうなんだ?」とか「在庫が少し増えすぎているんじゃないか?」とかですね。

即答できればスムーズにいきますが、中には調べないといけなかったり

会社に聞かないとわからないこともあります。このやりとりに時間がかかってしまうんですね。

 

また、銀行内で結論が出たからといってすぐに連絡をくれるとも限りません。

融資を断るのは銀行員にとっても嫌な仕事ですし、他の仕事を優先して

結局約束した期限ギリギリに回答したり、逆に審査結果がOKの場合であっても

「すぐにOKを出して簡単に借りられると思われても困る」ということで

あえて回答を引き延ばして審査を通すのに苦労したと演出したり。

銀行員もなかなかやりますよ。。。

 

基本的に、担当者が「貸さない」と書いているのに上司が「貸そう」ということは

まずありません。そんなことをして倒産でもされたら上司の責任問題ですからね。

万が一その場合は「融資する」という稟議書に書き直してくれ、と言われます。

なんだかなあな世界ですね。

 

つまり、審査を通るためにしなければいけないことは・・・

①担当者に「融資できそうだ」と思ってもらう

②担当者が上司に聞かれても答えられるように情報提供する

(会社のことをよくわかってもらう)

 

以上2点ですね。②については融資申込のときだけでなく、普段から心がけてくださいね!

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所

メールでのご相談24時間受付中
  • 元銀行員の税理士曽我部聡のブログ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 事務所概要

対応地域一覧

流れ

  • 決算についての情報

  • 法人税についての情報

  • その他の税金についての情報

  • 銀行融資についての情報

  • 消費税についての情報

  • 所得税についての情報

  • その他