決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > その他 > 帳簿をつける(4)

帳簿をつける(4)

 

前回までのコラムでは、自社で帳簿をつけることを

オススメしてきました。

その理由には、

・経営状況をタイムリーに把握できること

・変動費、固定費を把握しやすくなること

をご紹介しましたね。

 

開業して1~2年の頃にはなかなか難しいかもしれませんが、

余裕が出てくれば、経営分析をしたいと考える方も多いでしょう。

そうなれば、自社で帳簿をつけてみるのもいいと思います。

もちろん税理士との連携を強化するのもいいですね。

 

さて、会社が軌道に乗って利益が出てきたとき、

考えるのは「税金を安くしたい」ということですよね。

節税の方法はいろいろとありますが、

タイミングがとても重要になります。

決算が終わった後になって、どうにかしようと思っても、

節税のための契約や支払いは決算までに済ませないと

ほとんどの場合は経費として計上できません

もはやどうすることもできないんですね。

 

よくあるのは、決算の後に、1年分の資料を税理士に渡して、

申告を依頼するパターンです。

ここで難しいのが「思いのほか利益が出るぞ」という場合です。

税額を聞いた途端に「先生、なんとかなりませんの~!」

とおっしゃる方もいますが、どうすることもできないんですよね。

 

そうならないためにも、会社の利益がどのくらいあるのか、

定期的に正確に把握しておくことがとても大切です。

自社で帳簿をつければ、自然とデータを見る頻度も高まり、

経営者の方がイメージしている利益と

実際の損益計算書にある利益との差がなくなっていきます。

 

いかがでしたか?

経営分析や節税対策などは、専門的な知識も必要なので

税理士に相談しながらやってみるのがいいでしょう。

また会計ソフトは、料金が安いものや入力が簡単なものなど

たくさんの種類のものがありますね。

まずは税理士にご相談ください!!

 

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所