決算でお困りの方の駆け込み寺決算駆け込みWEB

決算駆け込みWEB > その他 > 帳簿をつける(2)

帳簿をつける(2)

 

前回のコラムでは、会社の経営状況をタイムリーに把握できるので、

自社で帳簿をつけるのがオススメですよ、というお話をしました。

また、利益を5段階に区切ってある”損益計算書”をみれば、

経営状況を分析することができるんでしたね。

今回は、費用についてもみていきたいと思います。

 

経営者の方にとって、事業で採算がとれるのかどうかは、

とても重要なポイントですよね。

採算がとれるかどうかを考えるときに必要になるのが、

費用を”固定費”と”変動費”とに分けて把握することなんです。

 

変動費”は、売上高の変動に比例して増減する費用で、

商品の仕入れや加工に必要な外注費などが該当します。

固定費“は、売上高に関係なく必要になる費用のことで、

人件費や事務所の家賃、電話料金などが該当します。

 

例えば、ある会社がカバンをひとつ3万円で販売するとしましょう。

ひとつ2万円で仕入れているとすると、利益は1万円/個ですね。

その他に会社を経営していくために40万円が必要だとします。

この会社が収支トントンで赤字にならないためには、

会社を経営するために必要な40万円分を稼がないといけません。

カバンひとつで1万円の利益があるので、

40個のカバンが売れれば、赤字にはならなくてすみますね。

 

この例では、仕入の2万円/個が変動費にあたります。

会社を経営するための40万円が固定費です。

実際には商品の種類がもっと多いでしょうし、

費用もたくさんあるのでもう少し複雑になりますが、

基本的な考え方は変わりません。

 

固定費と変動費をきちんと把握すれば、

採算が取れるためにはどれだけ商品を売る必要があるか、

目標とする利益にはどれだけ商品を売る必要があるか、

売値を変えると必要な販売個数はどう変わるか、

そういったことを割り出すことができます。

 

会計ソフトの使い方をちょっと工夫すると、

この固定費と変動費を把握しやすくなります。

長くなりましたので、次回のコラムで紹介します。

 

帳簿の作成も決算後の申告も、

すべてを税理士に任せるのもいいのですが、

自社で帳簿をつけることで、経営状況について

いろいろと分析できるというメリットがあるんですね。

開業1~2年だとなかなか難しいかもしれませんが、

少し余裕が出てきたら、税理士に相談しながら、

少しずつやってみるのがおススメです。

 

 

大阪の税理士 曽我部会計事務所